<< ローライダー整備? | main | ローライダー整備?〜キャブキャブキャブ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    冬だけど汗をかく
    0
      最近はめっぽう寒いです。

      そろそろ春じゃないの?春目前だからこんなに寒いの?
      嘆いても暖かくはならないのですが、朝はエンジンかからなくて
      泣きが入ります。

      寒いのにキックキックで汗かく事もあります。はずかしながら悲しい



      経験、コツ、気合いが足りない、などは十分承知ですので言わないでくださいしょんぼり

      自分に原因はない、と今は言い張りたいのです!

      と、言うことでバイクを疑いましょひらめき



      バッテリ、ガソリン、その他色々はとりあえず大丈夫なので(?)
      コレをしっかり見てみることに↓

      ポイントギャップを測ってみます。
      ここは0.45mmだそうですので、2箇所の山で測りました。

       

      事前に言われていたことなのですが、2つの山でギャップに差が出ているみたいです。一応、両方0.45mmであわせてはみましたが、
      あ、その前にちょっと遅角させました。ほんとに少し。
      カムの差はリアバンク側のほうが若干大きくなりがちなようでしたが、何とか都合つけました。

      始動を確認、
      チョークを使うか迷ったのですが(いつも使ってました)
      今回はガスを多めに送っての始動をしてみたところ、本蹴りでの
      スロットル全閉で足が少し痛いくらい(5分以内)でかかりました。
      明日の朝はどうなのか!?

      | コラム | 21:32 | comments(5) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:32 | - | - |
        コメント
        ポイントは点火の仕組みを知るには一番いい題材ですね。今時こんな仕掛けのバイクないですからね。ポイントもよく見れば、ギャップの調整というのは一体何をやってるのか見ると、結局ヒールがポイントカムの山の斜面のどこに来たらポイントが開く(つまり点火する)か、というセッティングをしているわけで、大きく開くようにすればベースプレートをまわさななくても進角することになりますよね。なのでギャップをいじったら進角も狂ってしまうということですよね。前後シリンダー用の2つの山の位置はシリンダの挟角に基づいて決まってますが、よく見ると2つの山の高さ、頂点の幅、斜面の角度が違ってて、考えると深みにはまりますねw 幅はドエル角(コンデンサ充電時間)に関係してるし、斜面は厳密にはタイミング、高さがなんで違うかとか、夜も眠れなくなりますねw
        | Mal | 2012/03/14 8:57 PM |
        carmenさんコメントありがとうございます。やはり経験ですよね^^ 自分のバイクのことは自分が1番分かってないといけないと思います。
        あれからしばらく色々試して、今は毎朝心地よく始動が出来るくらいまでなりました。
        | KMF-hiro | 2012/02/27 9:55 AM |
        いつでも ちゃんと キックで かけられるように なるには けいけんも ある (そんな けりかた では いっしょう かからない、という けりかたで 10ふん けっても かぶってる だけ、とか、なんかいか ぜんかいで けってから ポンプで おくって けりなおすと いい、とか いろいろ こたいに よって さは あるしね) けれど、エンジンの セッティングが もちろん すごく じゅうよう。
        いろいろ ためすと いいよ。キャブを かえてみたり、ジェットを かえてみたり、しんかくを かえてみたりね。
        ちょうしよく いっぱつで かかる セッテイングを みつけて、どうやって けると かかるか、どうなると けっても けっても かからないか、などを けいけん していく しか ない。
        | Carmen | 2012/02/27 5:49 AM |
        はじめまして!ご覧頂きありがとうございます。楽しんでいただければ幸いです!
        | KMF-hiro | 2012/02/21 10:00 AM |
        ブログ開設おめでとう!
        これから、ゆっくり読ましてもらうわ!
        | yoilie1963 | 2012/02/20 1:07 PM |
        コメントする