<< 準備9塗装1 | main | 輸入引きあげ! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    青空修理
    0
      昨日は休みで、少し時間が空いたのでキャブからダクダク漏れるガソリンをどうにかしようと思い外でいじくっていました。
      まぁ、小一時間くらいで終わるでしょう。

      と思いつつ、フロートボウル、タンクを外してみました。

      オーバーフローなのですが、原因はタンクにもあり?
      燃料コックはOFFにしてもちょろちょろ止まりませんでした。

      キャブ側はフロートボウルだけ取り外し、あれこれやって
      組みなおし(ニードルにはモリブデンを塗布しました)


      と、ここで以前から気になっていたアイドリングの不安定さを
      インマニからの2次エア吸い込みと断定し、せっかくなので見てみました。


      ??謎の組み合わせの1340ヘッド

      インマニを取り外して(バンドのボルトの向きが最悪でした。後で回しやすい位置に変えました)
      見てみると、


      裂けていました。しかも前後。悲しい
      取り付け方に問題ありですね。

      確認はしたものの、換えのリングは持っていなかったので、
      自分なりにキッチリ組んでやめておきました。(暗くなってきちゃったので)
      ここまであっさり書いていますが、工具が不十分だったので、
      無駄な部分で時間を使ってしまっています[:ふぅ〜ん:]

      組みあがりにコックをON、エンジンスタート、
      今の所ガソリンは漏れない、OK
      30分ほど近所を走ってみる、アイドリングはまだちょっと不安定、
      だけど前回よりは落ち着いてる(回転が上がらない)まぁOK。

      次回はちゃんとパーツ注文してからやります。
      多少、気になる部分はあったと思いますが、、、
      青空整備は久々楽しかったです。

      | コラム | 19:39 | comments(2) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:39 | - | - |
        コメント
        そのとおりですね^^;
        インマニはヘッドボルトを取り外すことはさすがにやりたくなかったので、外したまま妥協して取り付けましたが、本来ならインマニ合わせをしたいところです。実際、角度あってませんでしたし。全ての原因はそこにあると思います。
        オーバーフローはおさまりましたが、コックの漏れは早々に何とかしないと・・・
        | KMF-hiro | 2012/03/20 1:48 PM |
        まろり改めMalで書いております。(^_^;)
        キャブの肝はフロートレベルですね。これが狂ってると最悪ダダ漏れ、逆のほうに行くとレベル低すぎてガソリンが出てこなくなりますよね。それとフロートバルブのゴム劣化、砂などの噛み込みが原因ですかね。
        ジェットの口径よりまずこの基準(ガソリン油面高さ)をきっちりするのが大事ですよね。コックOFFにしてもガスが出るのはコック自体のOリングかなんかヘタってるんでしょうね。
        インマニのイカリングはそもそも設計に難ありなんでしょうけど、組み付けには何かとコツが必要な個所ですね。特にイカリングのズレ、締めすぎによる浮き、それか今回のような亀裂は前オーナの締めすぎが原因じゃないでしょうか。工具的にはディープソケットとエクステンションが使いやすいですよね。ちなみにショベルのシリンダーってクランクにつける際、若干でも回転する余地があるんで、インマニと接する部分が既定の60度になってないこともあり得るので、それでインマニと真っすぐにならなくてリングが切れやすいってことも考えられ、恐る恐る定規あててみてずれてたらまたこれ大変なんですよねぇ、腰上下ろすことになったりして・・(笑)
        | mal | 2012/03/19 5:16 PM |
        コメントする